真っ赤なボディカラーが素敵なスバル・WRX-STIのご紹介です。

タービンまで交換!フルチューンの内外装が本気度MAXですね。

今回、オーディオもこのお車に見合う様にトップグレードの限定モデル(完売済)「SFR-S01Fi」とサブウーファー「TBF-SW-77i」を同時に施工させて頂きました。

 

スバル車用「ソニックプラス」は 車両ごとの専用設計を採用、ドア内構造ギリギリまで使った大型エンクロージャ(BOX)採用により通常モデルよりも豊かな中低域が持ち味です。

フロントドアから

純正サイズを踏襲しているので完全トレードインです。

当然、外観も変わりません。唯一ロゴバッチが主張するのみですね。

次にダッシュのツィーター

純正ツィーター、そして外したところです。

ダッシュ内部に吸音処理の上、ネットワーク回路を固定しています。(写真では見えませんね)

大型ネットワーク回路は車両の電気ノイズに敏感な為、しっかりと対策した設置を施します。

ドアと同じく、収まれば外観は変わりません。

純正との比較です。ソニックデザイン製は 音の放射や反射を独自技術「アコースティックコントロールハウジング」で制御しています。これにより、ダッシュ上でも自然な音場を再現しています。

次はリヤドアです。

フロントドア同様に完全トレードインです。

アラミド繊維振動板がグリル越しに高音質を主張!?

リヤドアのスピーカーの必要性を問われる事が有りますが

「ソニックプラス」ではリヤドアも一緒に揃える事をお勧めしています。

前席でも中低域の充実感が増す事、後席でも存分に愉しんで頂ける事、そして「音漏れの圧倒的軽減効果」が発揮できます。

ふつうはハンズフリーで電話していると”会話が外に丸聞こえ!!!”なんです。

「ソニックプラス」なら涼しい顔で会話できますね。

 

スバル用「ソニックプラス」は前後で装着する事で充実した中低音が再生できますが、今回、”走りのチューニング”に負けない様にサブウーファー「TBF-SW77i」も導入しました。

運転席シート下、後ろから。

シート前から覗いたところ。

シートがレカロ製バケットシートに換装していたので、レールの干渉なども考慮して設置しています。

サブウーファー駆動用アンプ「PRS-D800」を助手席下に設置しました。

 

最後に、大事な音響調整です。

カロッツェリア・サイバーナビ。プロ仕様の”マスターコントロールモード”で詳細な設定を施します。

「トップグレード」らしい緻密で伸びやかな音色とエンジンサウンドに負けない力強さでドライブの愉しみがより一層増したでしょうか。

 

御利用頂き誠に有難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

この限定モデルは 通常のトップグレードよりツィーターをアラミド繊維振動板に換装、これに合わせてネットワーク回路も専用設計品になっています。

通常モデルでも クリアで楽器や声の質感が心地よい厚みのある音色が特徴でしたが 限定モデルでは更に高域の伸びやかさ、緻密さが加わり、より実在感の感じられる音に深化しています。