Alfa Romeo MiTo のご紹介です。

ソニックプラス」の設定の無い輸入車でも”純正復元可能な加工”でスマートに取付可能です。

”イイ音は追求したい”けどコンパクトカーでは重量増やスペースの犠牲は出来るだけ避けたいところですね。

「ソニックデザイン」ならそんな要望にしっかり応えます。

今回は既設の「楽ナビ」をヘッドに フロント2WAYスピーカー+サブウーファー(+サブ用アンプ)システムを

前席内にコンパクトに収めました。

それではドアユニットから。

カジュアルライン中核グレード「TBM-1877Bi」を取付します。

ドア内部と純正スピーカー部です。

防水シートを丁寧に剥します。

入念な養生の上、ソニックデザイン製スピーカーが収まる様に加工を施して行きます。

ドアウーファーモジュール(エンクロージャユニット)を純正位置にスッキリ収めます。

いつも通り、外観の変更はありません。

次にAピラーのツィーター部です。

純正位置にほぼ同寸で最小限の加工で収まりました。

完成形は純正デザインのままです。

次にサブウーファーユニットです。運転席下に設置しました。

シートスライドや後席の足元空間も犠牲にせず、ピッタリ収まりました。

サブウーファー駆動用のアンプです。

助手席下に設置しました。サブ同様に後席足元も犠牲にしていません。

電源端子部の絶縁(ショート対策)も別途施し、万が一にも備えて取り付けしました。

最後に一番大事な「音質調整」をほどこして完成します。

最小限の調整項目で、ナビの内蔵アンプでの駆動ですが、

「無駄な誇張の無い、とても素直で聴き易い音色」に仕上がりました。

サブウーファーも入っているので アルファらしい元気な走りでも、

走行時の騒音にも負けずにしっかりと耳に届きます

オーナー様も「帰路がとても愉しみ♪」と気に入って頂けた様子でした。

 

輸入車でも気軽にカーオーディオを愉しんで頂ける様に。

ご相談下されば最適なシステムを一緒に考えさせて頂きます。

ご利用頂き誠に有難う御座いました。