Mercedes-AMG CLA45S 4MATIC+ のご紹介です。

”ジュピターレッド”のボディカラーが鮮やかで と~っても魅力的ですね。

内外装も走りも最高な一台ですが、唯一にして最大の不満点、オーディオの音が愉しめない!!!

ソニックデザイン認定専門店の当社メルセデスベンツ専用スピーカーのご相談を頂きました。

最新のメルセデスの車両は独自の造りで、スピーカーが容易に交換できない構造になっています。

加工すれば交換も可能ですが、出来れば車両のダメージを極力抑えたいですよね。

そんな要望に応えたのが ソニックデザインの「アコースティックコントロールパッケージ」です。

交換するのはツィーターだけ!? 大丈夫?・・・

こんな不安の声もありますが、カタログやホームページで分からない処も丁寧に内容を説明させて頂きます。

では取付内容を。

ドアのスピーカーから。

純正施工前です。スピーカーの取付が 樹脂パネルの裏側からリベットで固定、外しても開口部が狭く、

普通のスピーカーは無加工では交換不可になります。

施工後です。専用チューニングの補正回路「アコースティックコンペンセーター」、

内装の隙間を塞ぎ 整音導音効果を高める「アコースティックコントロールエレメント」を組み込みます。

外観は一切変更ありません。車両加工が必要無いので、メンテナンス性、安全性も変わりません。

次にツィーター部です。

ピラートリムを外して。 純正ツィーターです。

ソニックデザインに換装します。

別体大型補正回路「アコースティックコンペンセーター」直結のツィーターユニットです。

ノイズ対策とともに納めます。

完成後です。 ついでにメタリックの質感がかっこよいグリルネットに換装しました。

 

次にリヤドアです。

ドアウーファー部はフロントドア同様に施工していきます。

リヤドアのツィーターも換装します。

神戸店オリジナルでツィーター周りにも「ACエレメント」を施工して整音導音効果を高めます。

完成後です。外観変わらずなので見た目では分かりませんね・・・。

センタースピーカーにもこだわりの施工を。

ここにも「アコースティックエレメント」を施工、細部まで妥協なく仕上げます。

トランク内のサブウーファーにも。

トランク床下にユニットが収まっています。

ここには「アディショナルコンペンセーター」を組み込みます。(写真中央右側のハーネス部に固定している回路です)

これで低音の繋がり、響きを改善しています。

これで取付は一通り完成です。

最後に音響調整を最適化して完成です。

完成した音は・・・

”ツィーターの入れ替わった高音域”がより繊細に伸びやかに奏でるように鳴っているのは当然?ですが、

ドアスピーカーも ぼやけた音の解像度が大幅に改善、サブウーファーのつながりも良くなります。

低音の絶対的な音量は変わらないですが、全体のつながりが良くなり、すっきりと聴き易い音色になりました。

”車両無加工で仕上がる音”としてはとてもバランスが良くなるシステムと思います。

この先の更なるシステムアッププランもご用意していますので、ぜひご相談くださいませ。

すでにディーラーオプション取付済みの方もお問い合わせ大歓迎です。

良い音をもっと気持ちよく♪♪♪

ご利用頂き誠に有難う御座いました。