AUDI・TTSクーペのご紹介です。

先代(2代目8J型)では「ソニックプラス」の設定がありましたが、

新型(3代目8S型)用は設定がありませんでした。

”車両に無加工、完全トレードインで高音質化できるスピーカーパッケージ”

に惹かれたオーナー様のご要望にお応えするため、

神戸店オリジナルパッケージで取付させて頂きました。

ソニックデザイン製スピーカー(写真右側)の魅力は このエンクロージャ(BOX構造)が大きなポイントです。

これにより、車両側にデットニング(防振処理)など加工が必要なく、

メンテナンス性の悪化や各種センサーへの影響も心配要りません。

今回はハイグレードモデルをベースに取付させて頂きます。

ドアスピーカーから。

純正スピーカーです。

比較的丈夫なドアですが、スピーカーBOXとしては強度や形状、材質は最適とは言えません。

今まではデットニングで改善するのですが、ドアが重くなるなど(2ドアでは開閉が大変に!)

デメリットも無視できません。何よりメンテナンス性の悪化が避けられません。

これが嫌で諦める方も多かったと思いますが・・・

ソニックデザイン製スピーカーに換装後です。

純正位置にBOXに収まったスピーカーを取付するので、車両側ドアパネルには加工無しで完結します。

そして副産物のメリット「音漏れの少なさ」(こちらが目的の方も多いです!?)が実現します。

完成後は外観変更なし! ロゴバッチで主張するのみです。

次にダッシュ上のツィーターです。

純正ツィーターのブラケット部。

ツィーターのサイズはほぼ同じですが・・・

ソニックデザイン製ツィーター(SD-T18)では、大型のネットワーク回路が別体で付属します。

純正配線もカット等加工せずに専用カプラーで接続します。

この大型ネットワーク回路を上手に納めて・・・

ユニットを復元していきます。

外観変更なくスッキリ収まりました。

音が良くても異物感を嫌う方には最適ですね。

 

最後に純正MMIを調整して・・・(調整項目は最小限ですが)

素直で繊細な音も明瞭に、ディティールが明確で目の前に存在感ある音質に

一聴した瞬間に感じ取って頂けました。

ご利用頂き誠に有難う御座いました。

 

「ソニックプラス」の設定の無い車両でも、他の輸入車でも多くの車両で「ソニックプラス」同等の施工が可能です。

ぜひ気軽にお問い合わせください。