ホンダ車には「車種別専用設計ソニックプラス」の設定はありませんが、

多くの車種で「外観変更なし」「純正復元可能」な取付が可能です。

今回、スタンダードモデル「TBE-1877Ai」を取付しました。

純正スピーカーは2か所のツメとボルト1本で簡単に留っています。

鉄板の開口は音質よりも取付し易さ優先の設計ですね。

丁寧に養生の上、ソニックデザインのエンクロージャ(BOX)が収まる様にカットします。

カットしたところは丁寧にバリ取り、防錆塗装を施します。

これでトヨタ車同様にきれいに収まります。

ツィーターはAピラーにフラッシュマウント(埋め込み)で取付しました。

ピラートリム基部の曲面に合わせて隙間が出来ない様に加工しています。

最後にサイバーナビの音質調整を最大限生かして仕上げます。

軽量化が優先される軽自動車のドアでは鉄板の強度が”スピーカーの為”には不十分です。

「エンクロージャ方式」のソニックデザインなら特別なデットニング(防振処理)が必要なく、確実な音質が手に入ります。

もちろん、後々のメンテナンスにも安心です。

あと、一番喜ばれるメリットが「音漏れの軽減!」

「良い音のスピーカー」はメーカーの数だけ存在すると云えますが

「音漏れしない(少ない)良い音のスピーカー」で選ぶと、「ソニックデザイン」で決まりですね。

オーナー様も 安心して聴き込める♪ と音楽の世界に浸って頂けました。

御利用頂き誠に有難う御座いました。