HONDA・N-BOXのご紹介です。

ようやく、感染症感染症対策・緊急事態宣言も解除され、遠く福岡県からご来店頂きました♪

 

一日お預かりの間、 オーナー様は神戸観光へ♪

「出来上がりが楽しみ!」 ”期待のお言葉”を胸に仕事に掛かります!

 

では取付内容です。

フロントスピーカーにハイグレードモデル「TBM-1877Ai」を取り付けします。

ホンダ車の多くは開口が狭く、スピーカーもフック2か所とネジ1本で固定されています。

”組み立て生産性重視”で音質の配慮は無いですね。

ソニックプラスのエンクロージャを収める為に鉄板加工します。

オリジナルの専用治具を用い、正確に位置決めしてカットします。

養生も入念に行い鉄粉など残さない様に気を付けています。

大きく広げ、固定用ナットも埋め込みました。 ”純正復元も可能な配慮”もしています。

ウーファーモジュール(エンクロージャBOX)と大型別体ネットワーク回路を取付します。

完成後は外観変更なし。“デットニングも不要なのでメンテナンス性も変わらず”安心の取付です。

 

ツィーターはドアノブ前の純正位置に。

純正状態から

 

ツィーターを換装します。

見た目も大きく変わらずスッキリ収まりました。

車両側無加工なので、純正復元も可能です。

外観変わらず完成です。

次に シート下にパワードサブウーファー・カロッツェリア「TS-WX400DA」を設置しました。

途中経過の写真を忘れましたが(>_<)

配線は電源系と信号系に配慮した通線処理を施しています。またウーファー接地面のカーペット内に補強材を追加して

本体のぐらつきを抑える配慮もしています。(これで音質に大きな違いが出ます)

シート下のデッドスペースにピッタリ収まりました。

元々広いですが後席足元も邪魔になりません♪

 

最後に音質に定評のサイバーナビを「マスターコントロールモード」で詳細に設定を最適化して完成です。

ここが専門店として最大の腕の見せ所ですね・・・!

期待に応える様に頑張らねば!(プレッシャーも少し・・・)

 

完成して オーナー様にご確認頂くと・・・

「全然違う~♪♪♪ ずっと聴き続けたい♪」

ちょっと大きめの音量で堪能しながら車外に降りて・・・

「ちょっと離れたら全く気にならない!?」

”音漏れの少なさ”を改めてご確認頂き、より気に入って頂けたみたいです♪

「帰りのドライブが愉しみ♪♪♪」

遠距離ドライブも快適な時間になりますでしょうか。

遠路ご来店頂き誠に有難う御座いました。