MAZDA・CX-5のご紹介です。

「ソニックプラス」ではマツダ車用の設定がありませんが(完全無加工トレードインが前提の為)、

多くのマツダ車でドア内部の一部加工で取付可能です

デミオ(MAZDA2)、CX-5、CX-8、アテンザ(MAZDA6)、等々。

今回、フロントスピーカーに”ハイグレードモデル”を選択しました。

これにDSPアンプ、カロッツェリア「DEQ-1000A-MZ」を導入、マツダコネクトの弱点を補います。

スピーカー取付から

純正スピーカーです。

外した所。

開口部の後ろに鉄板があり、このままでは奥行きが無くエンクロージャユニットが収まりません。

丁寧に養生の上、鉄板の一部をカットします。

強度への配慮、防錆処理も入念に行います。スピーカー配線もカットせずカプラーオンで処理しますので

純正スピーカーへの復元も問題なく可能です。

防水処理もしっかりと対策の上、ユニットを固定します。

完成すれば 他のソニックプラス同様に外観変更なしで仕上がります。

次にツィーター部です。

Aピラーの純正ツィーター部です。

一部加工が必要ですが(純正復元可能です)ピッタリと納めることが出来ます。

スピーカー配線も専用カプラーを用意してカットせずに接続、大型ネットワーク回路はノイズ対策の上で収めしっかり固定します。

外観変更なしで完成です。

次にDSPアンプ「DEQ-1000A-MZ」の取付です。

純正アンプユニットにカプラーオンで配線接続は完了します。

接続後の写真は撮り忘れましたがカプラー部の異音対策もしっかりしてスッキリ納めます。

運転席下にアンプ本体を設置して完成です。

あとは肝心の音調整ですね。

マツダ車専用機なだけに車種別の調整値は用意されていますが、

純正スピーカー用なので当然ながらソニックプラスに合わせて最適化が必要です。

完成してオーナー様にご確認頂くと

「すごくキレイ♪ 」いつもの楽曲の存在感が全然ベツモノ・・・

ダッシュ上のモニターから迫る臨場感たっぷりの音楽に浸れそうですね

 

ご利用頂き誠に有難う御座いました。