メルセデスベンツ・CLAクラス(W117)のご紹介です。

W117以降の ”FF系”メルセデスでは ドアスピーカーの構造が特殊で無加工での取り換えが不可能になっています。

CLAクラスのスピーカー交換で検索して、「ソニックプラス・アコースティックコントロールパッケージ」を見つけてご相談頂きました。

純正スピーカーのままでツィーターを追加するだけ???

「これだけで良くなるとは半信半疑」の声があるのも確かです。

もちろん、ツィーターだけではなく、アコースティックコンベンセーター(ネットワーク回路)やアコースティックエレメントなど、車種別の専用設計でトータルバランスを最適化しています。

では取付内容です。

フロントドア、純正スピーカーです。 樹脂パネルに裏側からリベット固定されています。

外しても開口部が狭いので無加工では取付不可能になっています。

純正復元不可を前提に加工すればエンクロージャユニットを納めることも可能ですが、多くの方は手軽で復元可能な方が安心ですね。

純正スピーカーを生かして、アコースティックコンベンセーター(専用設計ネットワーク回路)とアコースティックエレメント(スポンジ状の遮音材)を組み込みます。

次にツィーター部です。

純正ツィーターはドアミラー裏トリムに組み込まれています。

ツィーターを換装、専用ブラケット付きで無加工で収まります。

外観変更なしで完成。

内装を組付け、外観は一切変わらず完成です。

 

次にリヤドアです。

フロントドアと構造は一緒です。

フロントドアと同様に取付します。

標準仕様ではリヤドアはツィーターが入っていません。

ここにツィーターを追加、2WAY仕様にします。

純正位置なので外観変わらず、後席の音質も激変します。

最後に、純正オーディオの調整を最適化して完成です。(写真は調整前です)

完成してオーナー様にご確認頂くと

「こんなに変わる!?  音の包まれ感が心地イイ♪ これだけ音が変わったらコスパ良すぎ!!!」

”想像以上の音の進化” に驚きと喜びを最大限伝えて頂きました♪

このあと早くも、スピーカーだけでここまでよく鳴ったら!もっと良くできないかな? と次なる進化が楽しみに・・・。

 

実際に聴かないと分かりにくいと思いますが、確実な音の進化は自信をもってお勧めできます。

車両にやさしい「ソニックプラス」。車両のメンテナンスも安心ですね。

 

ご利用頂き誠に有難う御座いました。