RAV4-PHVのご紹介です。

ほぼモーターのみで走れてしまうプラグインハイブリッド車。静かな分”音漏れ”が余計に目立ちますね

安全装備も充実している反面、電装系も複雑に高度化しており、

オーディオの充実を図るにも、不用意な加工は出来るだけ避けたいところですね。

「ソニックプラス」なら上記全てのお悩みにお応え出来ますよ。

エンクロージャ(BOX)方式で完成した状態で取付出来るので、車両無加工、

デットニング不要で確実な音(店頭ディスプレイと同じ条件の音)がお約束できます。

今回、フロントにハイグレードモデル「SP-R501M」(ディスプレイオーディオ・Tコネクテッド対応モデル)を選択、

サブウーファーも一緒に取付しました。

フロントドアの取付から。

 

純正スピーカーです。ドア内にエアバック用センサーが備わっているので不用意なデットニング加工は避けたいですね。

ソニックプラスのウーファーモジュールは純正と同等スペースにエンクロージャ完結型で

完全トレードインで収まります。車両側は完全無加工です。

外観も変わらず完成です。

次にツィーターです。

右側は従来のトヨタ車と同一のユニットですが・・・

 

左側は”Tコネクト”用スピーカーと一緒にレイアウトされています。

「ソニックプラス」ではこのツィーター部も完全対応、車両配線も専用カプラーで無加工、純正復元可能な形で取付出来ます。

純正ツィーターを外した所です。

入れ替え完了、音質のポイント「アコースティックエレメント」も装着します。

純正位置に収めます。

外観は変わらず完成です。

次にサブウーファーですが・・・ PHVは助手席もパワーシートの為、シート下には設置できませんでした。

足元空間を多少犠牲にすれば置けるのですが・・・ せっかくのスペース広々使いたいですよね。

トランク設置の場所で悩みましたが・・・

トランクサイド、タイヤハウス後ろに。

スペースも最小限で収まりました。

DSPアンプSAIACO「HSA-300-31」も目立たず設置できました。

超小型アンプならではの設置方法で。

 

最後に音響調整を施し完成です。

ディスプレイオーディオの操作性は変わらず普通に使って頂けます。

完成してオーナー様にご確認頂きます。 音が出た瞬間から・・・

「とってもいい感じ♪♪♪」

「スピーカーの存在感が無い???」

音が”ダッシュ上に浮かび上がる様に存在する感じ”が新鮮で不思議な感覚に。

「サブウーファーも前から聴こえる???」 ラゲッジルームの後端にあるとは思えないとの感想が。

これがスピーカーの能力を生かす調整技術の見せ所ですね (^^♪

”音漏れの軽減効果”も再確認!  ドライブの愉しみが広がったでしょうか。

ご利用頂き誠に有難う御座いました。