貴重な限定車 SUBARU・WRX-STI S208「NBR CHALLENGE PACKAGE」のご紹介です。

「クールグレー・カーキ」のボディカラーがより特別な存在感を醸してとってもカッコイイですね!

走行200㎞以下のほぼ新車の状態でご入庫頂きました。

限定車なので車両側の加工は出来るだけ避けたいですよね。

無加工で妥協せず高音質!車両にやさしいシステムプランと施工方法で快適、安心のサポートをさせて頂きます!

 

ナビは当初「サウンドナビ」が装着されていましたが、”ナビゲーションとしての性能”や快適性、使い勝手の向上を考え、

パナソニック製 有機EL大画面ブルーレイナビ「CN-F1X10BLD」に、

スピーカーは限定車にふさわしいソニックプラス・トップグレード「SFR-S01F」に決まりました。

 

ナビの取付から。

8インチナビから入れ替えなので、本体周辺の隙間を埋める為、オリジナルでカーボン調パネルを製作しました。

元の8インチサウンドナビです。

 

同一個所にブルーレイナビ本体を収納します。

写真がありませんが、内部の配線類の処理も音質に配慮して施工しています。

ここはオーディオ専門店としての拘りが詰まっています。

モニター裏を覗いて。覗かないと見えない処ですが細部の仕上げにも配慮しています。

次はスピーカーの取付です。リヤスピーカーから。

純正スピーカーを外して・・・

ソニックプラスとの比較です。

ドア内形状に合わせた専用設計のエンクロージャ(BOX)がスピーカーの能力を引き出します。

後部が解放された純正スピーカーに対して完全に覆われたソニックプラス、これが”高音質と音漏れ軽減効果”のポイントですね。

スピーカー性能を引き出す為のデットニングも 基本的に必要ありません。

外観変更なしで完成。うっすら除く黄色のアラミド繊維振動板は高級感もあり良い感じですね。

次にフロントスピーカーです。

同一形状で完全トレードイン、大型の別体ネットワーク回路が備わるのでノイズ対策と内装との干渉に注意して取付します。

こちらも無加工、外観変わらず完成です。

次にダッシュのツィーターです。

 

純正位置内部に 別体大型ネットワーク回路をノイズ対策の上納めます。

ACツィーターは純正同一形状で完全トレードインで収まります。

外観変更なしで完成です。

一緒にドライブレコーダーも取付。

ナビ連動の前後2カメラモデル「CA-DR03HTD」を取付しました。

見た目の仕上がりはもちろんですが、カーテンエアバックや車両の装備に干渉しない様に細心の注意を払って取付しています。

ルームランプやライセンス灯のLED化など小物も色々手を入れさせて頂きました。

トランクルームもチェリーレッドのタワーバーがアクセント効いてカッコイイですね。

細部まで機能美に溢れています。

最後に音響調整や様々のセッティングを施し完成です。

肝心の音質ですが、エンクロージャで守られているおかげで、エンジンや走行音が大きくても崩れたりマスキングされることなく、

明瞭にしっかりとダッシュ上に音楽のステージが再現出来ました。

トップグレードらしい繊細かつ力強い表現はWRXの雰囲気に相性バッチリでは。

 

車両を大事にした”クルマファースト”のご提案は如何でしょうか。

ご利用頂き誠に有難う御座いました。