TOYOTA/VOXYのご紹介です。

VOXY用ソニックプラス・ハイグレード「SP-N82M」既にをお使い頂いておりました。

今回、低音強化にサブウーファーを追加しました。

ユニットはドアと同じハイグレードモデル「TBM-SW77i」を搭載します。

ガソリン車はシート下に充分な空間が有ります。ウーファーは運転席下に設置します

神戸店オリジナル専用固定ベースを製作、ヒーターダクトを生かしたまましっかりと固定しています。

足元空間も犠牲にせず、音の放射にも考慮しています。

助手席下にサブウーファー駆動用のアンプ、カロッツェリア「PRS-D800」を設置します。

配線類の絶縁や保護も丁寧に施工致します。組み付け後は一切邪魔になりません。

ヒーターダクトも機能を生かしています。

最後に、アルパインBIG-Xの調整機能をフルに生かしてセッティングします。

サブウーファーが入る大きな二つメリットが生まれます。

先ず低音が強化され重心がしっかりすること。主目的ですから当然ですね。

そしてドアスピーカーの再生音も良くなります。

これはドアユニットが一番しんどい最低域再生をサブウーファーに任せて解放される事で、

動きに余裕が生まれ中高域の再生に専念出来る為、一段とクリアさや余韻が綺麗になります。

サブウーファーのシート下設置のメリットも有ります。

今回の様にサブウーファーが室内中央に設置出来る事でサードシートを含めた全席で均一な音質が楽しめます。

トランクだとサードシートは低音が出しゃばって結構不快ですよね。

乗員全員が快適な音楽空間が出来ました

ご利用頂き誠に有難う御座いました。