Mercedes-Benz C-Class Sedan(W205)のご紹介です。

前期モデルまでの標準オーディオは前後ドア4スピーカーにサブウーファー1本と非常にシンプルでツィーターも無く、不満の声が多く聞こえます。

前回にソニックプラス・アコースティックコントロールシステム「AX205」を施工させて頂き

純正の籠った不明瞭で聴き辛かった音からの大きな変化にはご納得いただけていましたが

後期型で「AX-205n」を施工した車を聴いて、同じ様にできる? とご相談頂きました。

一番大きな違いは センタースピーカーの存在とサブウーファーが左右2本になること。

そこで今回、プロセッサーアンプを導入してセンタースピーカーの増設することに決定しました。

純正ですでにセンタースピーカーは存在します!???

これは”メルセデスミーコネクト”のインフォメーション、案内の為の専用スピーカー。

標準車ではここから音楽はなりません。全く無ければ 「単純に追加」で済みますが・・・

そこで特別に”Mercedes me connect”対応専用スピーカーを用意して対応しました。

右が純正、左がソニックプラスです。専用磁気回路搭載でメルセデスミーコネクトと音楽再生を両立します。

口径は小さくなりますが強力な磁気回路の採用やアルミダイキャスト製バッフルで強固に固定されることで歪の無いクリアで明瞭な音を再生します。

完全トレードインで外観も変更せず収まります。配線も加工しないので純正復元も容易で安心ですね。

そして、コントロールの要、プロセッサーアンプを搭載します。

カーペット内のデッドスペースに固定、車両配線から電気的干渉回避も入念に行っています。

途中経過を撮り忘れましたが、スピーカーハーネスなど車両の配線は一切カットしていません。

基本的に純正復元が可能な配慮の上で施工を心掛けています。

純正の操作系は一切変わりません。

プリセット(音調整のポジション)変更のためにステアリングコラム横にコントローラーを設置しました。

プリセットには「運転席専用」、「助手席専用」も用意していますが一番使うのは「全席、ALL」。

センタースピーカーを入れるメリット、「どの席でも同条件で愉しめる♪」が今回の一番のポイントです。

完成してオーナー様にご確認いただくと・・・

「すごく聴きやすくなった!!!」と 定位以外もあった細かな不満も吹き飛んだみたいです(^^♪

”イイ音””の基準はいろいろあります。

車両の特性に合わせた、オーナー様のご要望に合ったシステムプランを一緒に考えさせて頂きます。

今回もご利用頂き誠に有難う御座いました。