メルセデスベンツ Cクラス(W205後期)のご紹介です。

今や”完全に必需品のドライブレコーダー”を取付しました。

取付したのはコムテック製 前後2カメラモデル「ZDR026」です。

前後とも370万画素、夜間も見やすい”STARVIS搭載” でしっかりと記録します。

付いてしまえばカメラ本体しか見えずなんてことないのですが、実は配線の処理がとても重要です。

カーテンエアバック付き車両は特に注意が必要なんです。

他店で取付したドラレコがあり、撤去も一緒にしましたが・・・

リヤカメラ用接続ケーブルを引き回す際、某量販店では平気でこのエアバックの上に配線を通していることが多く思います。 (モールのゴムをめくれば簡単に通りますが・・・)

これ、万が一エアバックが展開したら配線が引っかかって正常に開かない!か配線と一緒に機材が飛び出す可能性!があります・・・

この危険を避けるために、極力構造物を避けて通すようにしています。当たり前ですが。

ケーブルには保護も兼ねた異音対策をしてから通しています。

拘りとも言えないことですが、全てのお車で丁寧な施工を心掛けています。

見えないからこそ安心してお使い頂けるように。

ご利用頂き誠に有難う御座いました。