TOYOTA/YARIS のご紹介です。

最新のトヨタ車はディスプレイオーディオの採用が進み、オーナー様好みで手を入れる余地が減ってきていますね。

シンプルで使い易いのは万人向けで良いですが、シンプルすぎて愉しむ余地なし!

オーディオ機能に関しては調整機能はほぼ無く、最小限すぎですね。

オーナー様もここが不満。スピーカーと一緒に”DSPアンプ”をご検討頂きました。

様々な機種がありますが 今回、SAIACO「HSA-300-31」をご用命頂きました。

この製品は新しいトヨタ・ディスプレイオーディオ専用ハーネスが用意されており、

車両配線に無加工取付が可能!車両のメンテナンス性を損ねず取付可能です。

ではスピーカー取り付けから。

フロントスピーカーはハイグレード「SP-Y12M」を取付します。

外観変わらず、完成です。

ツィーターは大型専用ネットワーク回路一体型になります。

丁寧に納めて

完成! 外観変わらないのがさりげなく良いですね。

次にリヤドアです。

リヤにはスタンダードモデル「SP-P31RE」を取付しました。

完成です。

そして、DSPアンプ・サイアコ「HSA-300-31」の取付です。

専用ハーネスで車両配線は加工せずに取付出来ます。

配線の整理、異音対策は丁寧に施工します。

アンプ本体はシート下に設置。コンパクトで足元空間も邪魔になりませんね。

最後に、音響調整を施し完成です。

ディスプレイオーディオの機能使い勝手はそのままに、

高度な調整機能でスピーカーの能力を引き出します。

関せしてオーナー様にご確認頂くと・・・

「目の前でしっかりと楽曲が広がってる♫」

純正では偏ってドアにへばりついた音が、モニター中央にステージが!立体的に音楽が再現されます。

「低音も思った以上にしっかりしている!?」

小口径スピーカーの懸念? 低音はどうなの? こういった印象より、

自然で表情豊かな低音に驚いて頂く事も多くなりました。

まだ聴いたことが無い方も、ぜひ実際に確かめて頂きたいですね。

ご利用頂き誠に有難う御座いました。